検索

日照のイメージを共有

私どもが設計させていただく住まいについて打合せをする際は

必ず日照シミュレーションをしてお施主様と共有します。


特に季節によって太陽高度も違うので

パッシブな設計をするには自然の現象を把握することが大切です。


また、デザインと合わせて分光透過率の違いを意識しながら窓の形状・位置も考えます。


3Dの技術が向上しているので季節や時間別のシミュレーションも容易になりましたので

設計にも積極的に採り入れて認識のずれをなくせるのはとてもいい時代ですね。


まだ想像の中でだけ存在する住まいにワクワクしてばかりです (笑)